インパクト抜群!開店祝いの贈り物をもっと魅力的にするコツを教えます

開店祝いの贈り物をもっと魅力的にするコツを教えます

親しい人がお店をオープンさせた時などには、開店祝いを贈るかと思います。開店祝いの贈り物としては、お花やお酒、お店で使う備品などが定番です。このような贈り物は、そのまま贈ってももちろん喜んでもらえると思いますが、少し工夫を凝らすことで印象に残りやすくなるのでおすすめです。ちょっと一手間かけた贈り物は、相手の方にさらに喜んでもらえること間違いなしですよ。

今回は、贈り物をもっと印象的に、魅力的に格上げするコツをご紹介します。「ほかの人とはちょっと違う開店祝いを贈りたい!」という方はぜひチェックしてくださいね。

開店祝いの贈り物をもっと魅力的にするコツ

【コツ1】定番のものは、柄やデザインではずしを加えて
花やインテリアなど定番の贈り物は、相手を選ばず贈り物にはとても適しています。しかし、よりインパクトのある魅力的な贈り物にしたいなら、ちょっと珍しい柄やデザインの品物を選んでみてはいかがでしょうか。

例えば、開店祝いの贈り物として、「だるま」や「招き猫」はとても人気があります。縁起物であるだるまや招き猫は贈った相手の方に大変喜ばれるものですが、人とかぶってしまうことも少なくありません。そこでおすすめなのが、珍しい柄のだるまや招き猫。最近では、市松模様の招き猫や、豪華な織物を表面にあしらっただるまなど、珍しいものが多くあります。

花を贈る場合にも、ちょっとひと工夫。花を贈る場合にはつい花本体を中心に考えがちですが、デザイン性の高い鉢に植えてある鉢植えなどを選ぶのもおすすめです。鉢植えの花をお店に飾った場合、お客さんは意外と鉢の方に目が行き、印象に残るものです。オブジェのような素敵な鉢に入った鉢植えを贈れば、もしかしたらお店のシンボルとなるかもしれませんよ。

【コツ2】シンプルなものにはぜひ名入れを施して
お店をオープンする人の好みに合うお酒や、ペンや電卓などお店で使う備品は、それだけでも十分開店祝いとして魅力的です。ですがもう少しだけ格上げするなら、品物にお店の名前を刻んで贈ってみてはいかがでしょうか。

名入れを施す品物としては、お店に訪れるお客様の目につくものが最適です。例えば美容室の場合、店名を刻んだペンなどはとても良いでしょう。お客様がそのペンを使うことで、お客様に店名を覚えてもらうことができます。贈ったペンが宣伝としての役割も担うことができるのです。

また、名入れを施すものとして、お酒は非常におすすめです。お酒のボトルはある程度の大きさがあるので彫刻の自由度が高く、インパクトのあるデザインを入れることもできます。装飾性の高いお酒のボトルはインテリアとしても最適で、お店に長く飾ってもらえることもあるでしょう。長期保存を想定してお酒を贈る場合は、泡盛やワインなど熟成によって味に深みがでる種類のものが良いですよ。名入れをしたお酒の例を見てみたい、という方は、Zumi工房という名入れ彫刻工房の商品がインパクト抜群で素敵だったので、ぜひチェックしてみてください。
名入れ彫刻を施した泡盛ってどんなもの?例を見たい方はこちらのサイトをチェック

ひと工夫した贈り物で、お祝いの気持ちを伝えましょう

開店祝いは、贈るだけでももちろん喜んでもらえるはずです。しかし、少し工夫を凝らすことで、お祝いしたい気持ちがより相手に伝わりますよ。素敵な贈り物で、大切な人の新たな一歩を応援してあげてくださいね。

ひと工夫した贈り物で、お祝いの気持ちを伝えましょう